大正製薬「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」とコレステロール

コレステロールの情報と「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」

コレステロール

 

コレステロールは、糖質や脂肪酸を材料にして肝臓で作られる脂質になります。

 

コレステロールは、健康診断や人間ドックの血液検査の際に、いつも注意すべき悪役のような感じで要チェックの対象になりますね。

 

でも、実はコレステロールは私たちの体の細胞の細胞膜の材料なんですよ。

 

ですので、コレステロールが不足した場合には、細胞膜が弱くなってしまい、ウィルスの侵入を許したり血管を作る細胞が弱くなって脳出血に成り易くなるようなリスクもあります。

 

また、コレステロールはホルモンや胆汁酸を作る材料にもなります。

 

このようにコレステロールは私達の体にとって必要な脂質なんですね。

 

しかし、逆に血液中のLDLコレステロールが増えすぎてしまうと、健康上、取り返しのつかないような重大なことになってしまうリスクがあります。

 

 

●<コレステロールの種類>

@LDLコレステロール一般的に「悪玉コレステロール」とも言われています。コレステロールを各臓器に運ぶ役割をしている低比重リポタンパクです。
AHDLコレステロール 一般的に「善玉コレステロール」と呼ばれています。体から古いコレステロールを回収して肝臓に送る役割があります。
BVLDL超低比重リポタンパクです。血液中を移動しながら脂肪細胞に中性脂肪を渡す役割があります。

 

コレステロールの30%は食事で摂取され、残りの70%は肝臓などで体内で作りだされます。

 

そして、体が健康である時には、私たちの体自身にコレステロールの量を、自動的に一定にする働きがあります。

 

そして、もし食事などでコレステロールを摂りすぎてしまった場合には、体の方が自動的に体内で作るコレステロールの量を減らしてくれるようになっています。

 

 

ところが、暴飲暴食などをしてしまい、コレステロールを食事から摂取しすぎてしまうと、体の中の調整機能が追い付かなくなったりします。

 

その結果、血中コレステロールが増えてしまう事になってしまいます。

 

また、更年期になると血中コレステロールが増える事が起こったりします。

 

 

<血中脂質の基準値>
●総コレステロール
男 151〜254mg/dl
女 30〜44歳 145〜238mg/dl
女 45〜64歳 163〜273mg/dl
女 65〜80歳 175〜280mg/dl

 

 

●HDLコレステロール
男 30〜86mg/dl
女 40〜99mg/dl

 

 

●LDLコレステロール
男 72〜178mg/dl
女 30〜44歳 61〜152mg/dl
女 45〜64歳 73〜183mg/dl
女 65〜80歳 84〜190mg/dl

 

 

 

キトサンの説明

 

大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、LDLコレステロールを低下させる働きのある「キトサン」が配合されています。

 

「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」は、LDLコレステロール値が気になる方にオススメです。

 

 

初回限定1箱980円!
大正製薬の「ヘルスマネージ 大麦若葉青汁 キトサン」に興味がある方は下の画像をクリックして詳しい情報をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
バナー原稿imp
>